高齢出産に備えて

2018年7月19日 / 未分類

妊娠に大切な葉酸は厚生労働省が正式に妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。実は葉酸は、水溶性であるため、汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、体内に蓄積するということはありません。ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、規定量を必ず確認しましょう。妊娠が発覚した後、葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも問題ないでしょう。とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。葉酸は体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。妊活中の話ですが、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。一人目に男の子を産んでいたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けにチャレンジしたという訳です。無事に妊娠し、うれしいと同時に赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは緊張しましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須です。

高齢出産

では、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が要らないのかと言うと、そのような事はありません。葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを減少させるという有効性に限った話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が最も注意する期間ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。葉酸の過剰摂取による副作用は、例えば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。そのため良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、注意するようにしましょう。もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、簡単に摂取したいのであれば、サプリメントがおススメです。サプリメントは、葉酸の摂取量が管理しやすい為、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には大変便利だと思います。妊婦にとって、葉酸摂取による効果はさまざまなものがあります。とくに胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は最も重要なポイントだと言えます。ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、普段の生活の中で、十分に葉酸摂取を心がけることが大切です。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が簡単です。簡単に葉酸を摂取したい方には是非試してみてください。親友が彼女が妊活をしている時に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。彼女が言うには漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安心できますね。彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを妊娠できたので、みんなでお祝いを計画しています。葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。フルーツでは、イチゴが代表的ですね。あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると紹介されています。それ以外では、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、オレンジジュースで補うのも良い方法だと言えますね。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る