誰でも受けられるワケではありません

2016年10月14日 / 未分類

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過いっしょに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでちょうだい。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムを幾ら噛んでも取れな幾らい強度を備えています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
入れ歯や差し歯とくらべても利点の多いインプラント。
ですが、便利な反面、制約もある為覚えておきましょう。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるりゆうではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてちょうだい。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。そのような場合は別の方法に頼るしかありません。これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働聞かける治療と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る